9月 2016

利息で選ぶ

電卓と通帳とペン消費者金融を選ぶ上で大切なのは利息です。なぜでしょうか。それは利息が高いか低いかがそのまま毎月の返済額に影響するからです。利息が高ければ、それだけ返済額も多くなります。賢く返済するためには利息負担を減らすことが大切なのです。

この点で消費者金融では借り入れする前にしっかりと金利を設定しています。とはいえ、注意したいのは消費者金融が設定している金利には幅があるということです。それは上限金利と下限金利といいます。上限金利とは高いほうの金利です。一般的には上限金利は法的に定められている金利の上限とほぼ同じ数字に各社設定しています。例えば、キャッシングの場合には18%が法的に上限となっていますが、ほとんどの業者は上限金利を18%としています。

一方で下限金利は各社まちまちです。11%や13%としているところもあります。しかし、広告などでよくアピールされているのは下限金利です。それで、多くの人は下限金利でついつい金利を比較してしまいがちですが、下限金利で借り入れができる人は限られています。5、10万などの小額の借り入れであればほとんどが上限金利での融資となりますので、比較する際には上限金利で比較しましょう。

参考サイト[ノーローン]

消費者金融の選び方

金欠急にお金が必要になった、給料日前の金欠でお金がないという場合などに助けになるのが消費者金融です。そして消費者金融については、今では毎日テレビCMでも見かけます。キャッシングやカードローンというサービスを提供し、お金が必要なときにスピーディーに貸してくれるメリットがあります。

とはいえ、実際に利用しようと思ったときに悩んでしまうのがどこの消費者金融を利用しようかということです。なぜでしょうか。その理由の一つは現在、消費者金融の業者はかなりの数があるからです。テレビCMで見かけるのは大手の消費者金融で、実際には中小も含めるとかなりの数にのぼります。理由の二つめは消費者金融の業界は競争が厳しく、新規の顧客獲得のために各社が独自のサービスを展開しているからです。そのサービスや特典が果たして自分に合うのか、得になるのかを見極めるのが難しいと感じる人が大勢います。

では、実際に消費者金融を選ぶ際にはどのようなポイントに注目するべきなのでしょうか。いくつか比較したいポイントはあるのですが、今日は特に2つのポイントに絞りたいと思います。

まず最初に注目するポイントは利息という面です。消費者金融はどこも利息が同じだと感じる人もいますが、実際にはそうではありません。さらにもう一つ注目したいポイントは審査基準という面です。審査基準には違いがあるのでしょうか。今日は以上に2つのポイントで消費者金融を比較する際に役立つ情報をご紹介します。